記憶の記録

access2017年出戻りクラスタ。元腐女子。記憶を忘れない為に記録する為だけの自己満ブログです。

Only the love survive

出戻り1カ月なので、復活後の曲はまだまだ聴き込み足りないのですが、1番好き…と言うか、とても印象に残るのが、12thシングルのOnly the love surviveです。

復活後の満を持しての第1弾シングルだからでしょうか。音も、歌声も、曲全体から感じるパワーと言うか勢いと言うか…圧倒される感じが凄く好きです。

accessだけでなく、ファンの熱い気持ちまで曲に入り込んでいるように思えます。

リアルタイムで、復活を待ち望んだファンとして、この曲に出会えていたらどんな気持ちだっただろうと考えてしまいます。

 

しかし、復活後の曲がどれだけ素敵で、かっこよくて、素晴らしい曲でも、一期の頃の曲に対する思い入れが…尋常ではないので。

やっぱりaccessはいいなあと心震えるのは、リアルタイムで聴いていた一期の曲になりますが。

その中に食い込んで来る勢いが、Only the love surviveにはありました。

 

ライブではまだ聴いた事がないので、生で聴ける日が待ち遠しいです。

 

次は舞浜に参戦予定ですが…25周年記念日、どのようなライブになるのでしょうか。とても楽しみです。

accessと私の歴史(3)

前回の続き。

YouTubeのTV出演時の動画ですが、私ヒッパレとか、歌いきったら100万円とかのTV番組大好きで、時間さえ合えば良く見ていたと思います。

何となく見覚えのある回もあったので、恐らくaccessが復活していた事は随分前に知っていたと思います。

ただ、知っていた事も忘れていました…。

ヒッパレのヒロもジャマイカなソロのイメージのヒロだったから、記憶から抹消したのかな。

想像以上にトラウマが根深かったのかもしれません。

懐かしいなとは思っても、それ以上掘り下げる事を本能的に拒んだのかも。

もうあんな悲しい思いはしたくないし、思い出したくなかったのでしょうか。

 

後から思い出しましたが、ミラクル9にヒロと河村隆一が出ていたのも、見た記憶があります。

その時も懐かしくて少し興奮したと思いますが、それ以上掘り下げなかったな…。

 

有吉反省会で話題になったのは2015年頃でしょうか?その頃は子育てに必死でTV全く見てなかったですね…。成長の遅い子で心配が尽きない時期だったから、例え見ていても出戻りはなかったかな。

その後は東京に引っ越したり、韓国ドラマにハマってたりして、益々地上波TVを見ない生活に。

 

結論として、出戻りした時期としては…今が最適だったのかなとも思います。

もっと早く戻りたかった気持ちもありますが。

東京に居る今出戻り出来たから、ライブにも行く事が出来て。

これが地元に居たままだったら…完全に出戻りまでは至らなかったかなと思います。

 

それだけ、先日の三郷のライブが決定的だったのです。

 

当初は近所の舞浜のチケットを探したのですが、既にsold outで。たまたまオクで三郷のチケットを見つけて運良く定価で落札出来ました。

公演日まで2週間と少ししかなく、予習が大変でしたが。

 

出戻りたてのこの時期に、一期の曲を全て原曲のままで聴く事が出来て、

どれか一曲だけでも聴けたら嬉しいなと思っていた曲が、全部聴けたんです…。

ヒロの声も当時と変わらない以上に更に深みを増して進化している感じで…。

 

YouTubeで2014年頃のライブ動画を見て、ヒロの声を少し心配していたのですが、あれから回復したんですね…。Twitterで聞いた感じだと、舞台で無理をして声帯にダメージがあった時期だったのでしょうか。

大ちゃんも今回のツアーのヒロの声が素晴らしかったとコメントしていたし、1番良い時に、最高のステージで出戻り出来た偶然…。

 

三郷のチケットが手に入ったのも、セトリが一期だったのも、全てが運命だったように感じました。

 

〜出戻ってから知った事〜

 ネットやsnsのおかげで、昔は知る事が出来なかった事も今なら簡単に知る事が出来ますね。

間違った情報もあるかもしれませんが…。

accessが沈黙に至った理由とか、当時のヒロや大ちゃんの気持ちとか…本人が語ったわけではないと思うけど、色々な事を改めて知って、当時は自分たちファンだけが傷ついて辛かったと思っていたけど…大人の事情など理解出来ない程若かったのもありますが…。

常に早いスピードで前を走る大ちゃんに、追いつけないヒロの葛藤とか…。若い時って自分がどこまでやれるのか、自分を試したいと思う時期が当然あるだろうし、ソロでの方向性が違ったのも、accessと同じ事やってたら意味がないと思ったからかもしれないし。全部聞きかじった事と私の想像ですが。

 

〜今の気持ち〜

あの7年がなかったら、今2人が心からの笑顔で同じステージに立ってはいなかったのかもしれない。

先日の中野でヒロが離れていた7年の事を

「ちょっと休んじゃったけどね!」と言って笑い飛ばしていて。

辛かった事もファンのトラウマも、あんな風に明るく笑い飛ばしてくれる…ポジティブで素直で可愛いヒロ。

あの言葉に救われた人、私だけではないはず。

 

ちょっと旅に出ていた相棒を、成長して戻って来るまでずっと待っていてくれた大ちゃんも凄い。

 

今、2人が仲良く楽しく音楽している姿を見る事が出来て、本当に幸せです。

出戻ってたった1ヶ月の私が言うのも僭越なんですが…。

 

25年もの長い歳月、ずっと離れずaccessを応援されている方も結構いらっしゃるんですよね。

皆さん出戻り新規にも本当に親切で、尊敬しかないです…。

 

随分長くなってまとまりもないですが、23年分の振り返り終了。

 

結論、今出戻ったのが最適で運命だった。

(もう1年くらい早くても良かったけどね!<しつこい)

f:id:mika0428:20171004010307j:image

accessと私の歴史⑵

前回の続き。

2人のソロ活動時期と、私が出戻るまでの経緯です。

 

〜ソロ期〜

大ちゃんソロは、前述の事件以降参加してないです。

元々ヒロ寄りの私ですが、ヒロソロで記憶にあるのは"目を覚ませ"まで。

95年年末ですね。ヒロがaccessからの卒業を発表したのもこの時期だったのでしょうか…。

だとしたら、私が完全に離れたのも卒業発表を知ったからかもしれないですね。記憶にはないのですが…。

 

その後特に熱中したアーティストはいませんでした。

短大の頃は漫研で色々なジャンル推しの友達が沢山出来たので、色々なジャンルを渡り歩いていました。ゲーム、漫画など…。

働きはじめてからは毎日忙しく、腐女子も卒業し、音楽といえば、長距離通勤の車内での退屈を紛らわすBGMといった位置付けで。

好きな音、気分のあがる音楽、音漏れしてもかっこいい曲、というのが選ぶ基準。

2002年頃なら、LOVE PSYCHEDELICOBENNIE Kとか、日本人だけど洋楽っぽい何言ってるかわかんないwけどかっこいい感じの曲が好きでした。

t.A.T.u.とかも流行ってたよね?懐かしいw良く聴いてたな。

 

accessが復活していた2002年頃、私は24歳かな。

職場が倒産のピンチで、本社ビル無くなって山奥の工場に疎開する事になり、片道40キロの山道を毎日1時間以上かけて通勤していたり。色々追い込まれていた時期でした。

テレビでaccessを見かける事はあったかもしれませんが、懐かしいなと思う程度で、当時の情熱を思い出す事はなかったと思います。

 

話は前後しますが、エグゼイドでヒロを見た当初、私はaccess復活をこの時はじめて知ったと思っていましたが、良く良く思い出すと、随分前に知ってたと思います。

 

出戻りの経緯から話すと、今年の5月頃、息子が見ていた仮面ライダーエグゼイド。そのオープニング画面に、"クロノス貴水博之"の文字を見つけて驚愕したのが始まりです。

子供がライダー見始めたのも3月頃からで、私も本気で見てなかったので過去の出演回は知りませんでした…。

突然私の青春が画面に登場…しかもめちゃくちゃかっこいい変身までキメられて、何も分からない4歳児相手に「あの人!!ママが昔大好きだった人!!ええええ!!!」とか叫んでたと思います(笑)

 

でも、毎週キッチリ見ていたかと言うとそうでもなく、あ、また出てるラッキー、かっこいいなあー今何歳よー。程度でした。

ネットで多少調べて、有吉反省会の変顔とか美魔男のまとめ記事くらいは見ていて、面白い人だなあ、相変わらずかっこいいなあ、と思いはしましたが、出戻りまでは至らずで。

 

出戻りのきっかけとなったのは、エグゼイドも最終回を迎え、もうクロノスのヒロに会えないんだな…寂しいな、動画探してみようかな?と、普段あまり見ないYouTubeで動画検索したのが始まりです。

クロノス変身動画の関連動画で、UTAGE出演時の動画や、最後まで歌いきったら100万円とかの(笑)動画が目に入ったのです。

何となくそれらを見ていたら、関連動画が沢山出てきて…momm出演回とかも凄く面白くて。

そしたら今度は昔のPVとかも見たくなってきて…。

 

気が付けば夜が明けるまで夢中で魅入っていました。

その日の朝には、早速ベスト盤CDを予約してしまっていました。

 

出戻りの予感を感じた日でした。

 

長くなったので、(3)へ続きます。

accessと私の歴史⑴

94年にaccessに堕ち、95年に離れ、2017年に出戻りした、私とaccessの歴史を覚書の為にまとめておきます。

沈黙時の衝撃が余程大きかったのか、20数年経過した為なのか、昔の記憶がとても曖昧で、全く思い出せないのですが…。

 

〜出会い〜

94年、23年前当時15歳。

書店で見かけた音楽雑誌のヒロに一目惚れでした。あの時の衝撃は今でも覚えています。

当日のグラビア今で言うはBL風なものが多かったので、既に腐女子同人活動をかじっていた私には尚更のどストライクでした。

こんなお人形のように綺麗でかっこいい人が、こんなに可愛い男の人とユニット⁉︎⁉︎

そのままの勢いでCD購入して帰り、聴けばめちゃくちゃかっこいい音楽と透き通ったハイトーンボイス…。

この辺りは想像も多少入ってます。本当に記憶があやふやなので。

f:id:mika0428:20171003201557j:image

懐かしい雑誌。特に下2つは持っていた記憶あります。画像お借りした先忘れてしまいました…すみません。

 

CDも最初に買ったのがどれなのかわかりませんが、出戻りの際に聴いた曲ではSWEETSILENCEが異常に懐かしくこころ揺さぶられたので、これかもしれません。

あっという間に沼に堕ち、ファンクラブにも入り、お絵描きして某即売会にも参加し、そこでDAクラ寄りのお姉さんに声を掛けられ仲良くなり…。楽しく充実した1年を過ごしていたと思います。

残念ながら、ライブはタイミングが合わず(全国ツアーは既に終わっていたのか、アリーナツアーは西日本の田舎には来なかったのか、とにかく15歳の貧乏学生には遠征する術はなかった)1度も行けなかったです。

 

〜沈黙の衝撃とソロでの決定打〜

思えば、インターネットも普及しておらず、携帯もまだPHS。情報の少ない時代に私がどうやってaccessの沈黙を知ったのか、それも記憶にありません。

テレビで見たのか、友人に聞いたのか、ファンクラブ会報で知ったのか…。

衝撃と絶望を分かち合える友人がいたのは幸いでしたし、まだ当初は「解散じゃないし、復活に希望を持とう」と思っていました。

accessファンクラブは自動的に浅倉大介ファンクラブになったのでそのまま継続。

ヒロのファンクラブに入ったかどうかも良く覚えていません。

大ちゃんソロが地元に来る事になり、念願だったライブへ行く事になりました。ヒロが隣にいないのは悲しかったですが…。

 

そのライブで、事件が起きました。

大ちゃんがクラスタ達に紹介したのは…

後のTMR西川貴教君でした。

まだ沈黙の傷もズタボロで全く癒えていなかった時期です。

会場がザワザワと騒然としていたのを覚えています。泣いていた子もいたかもしれません。怒りを露わにしていた人もいたと思います。※1

(access初期から追いかけていて、ヒロを最初に紹介したライブの事を知っているようなファンもいたかもしれません。その映像を私が見たのはつい最近ですが。もしそれを知っていてこの光景を見た人がいたなら…と思うと。その衝撃は…想像するのも辛いです。)

 

私は、怒りよりも、その場所に居るのはもうヒロじゃないんだなと…その事実だけが重く重くのしかかり、ただただ哀しくて、辛かったです。

この気持ちも鮮明に覚えています…。

 

更にヒロのソロを見れば、access時代からは想像も出来なかったジャマイカン※2な出で立ちと、ジャニーズのような歌…。方向性が全く違う。ヒロはこういう事をやりたかったのか…と。

 

もう、この先2人の道が再び交わる事は、永遠にないんだなと。

 

そこで、ぷつり切れてしまいました。

徐々に気持ちが離れたというのではなく、完全に自ら断絶した感じです。

嬉しかった事、悲しかった事、記憶も思い出も全て、胸の奥深く深くに埋めてしまいました。※3

 

この記憶は、この先何度かヒロやaccessをTVで見かける機会があっても、2度と掘り起こされる事はなかったです。

それ程決定的な、断絶でした。

 

⑵へ続きます。

 

 

※1…西川くん自身も怒り狂ったaccessファンからの嫌がらせがトラウマになっていたと知ったのは最近の事です。

※2…あのジャマイカ時代の写真は今でもあまり見たくないです。かっこいいと思うけど何だか複雑な気持ちが込み上げます。

※3…沢山持っていたCDやビデオやグッズをどうしたのか…処分したのか実家の何処かに眠っているのか…それも全く思い出せません。