記憶の記録

access2017年出戻りクラスタ。元腐女子。記憶を忘れない為に記録する為だけの自己満ブログです。

accessと私の歴史⑴

94年にaccessに堕ち、95年に離れ、2017年に出戻りした、私とaccessの歴史を覚書の為にまとめておきます。

沈黙時の衝撃が余程大きかったのか、20数年経過した為なのか、昔の記憶がとても曖昧で、全く思い出せないのですが…。

 

〜出会い〜

94年、23年前当時15歳。

書店で見かけた音楽雑誌のヒロに一目惚れでした。あの時の衝撃は今でも覚えています。

当日のグラビア今で言うはBL風なものが多かったので、既に腐女子同人活動をかじっていた私には尚更のどストライクでした。

こんなお人形のように綺麗でかっこいい人が、こんなに可愛い男の人とユニット⁉︎⁉︎

そのままの勢いでCD購入して帰り、聴けばめちゃくちゃかっこいい音楽と透き通ったハイトーンボイス…。

この辺りは想像も多少入ってます。本当に記憶があやふやなので。

f:id:mika0428:20171003201557j:image

懐かしい雑誌。特に下2つは持っていた記憶あります。画像お借りした先忘れてしまいました…すみません。

 

CDも最初に買ったのがどれなのかわかりませんが、出戻りの際に聴いた曲ではSWEETSILENCEが異常に懐かしくこころ揺さぶられたので、これかもしれません。

あっという間に沼に堕ち、ファンクラブにも入り、お絵描きして某即売会にも参加し、そこでDAクラ寄りのお姉さんに声を掛けられ仲良くなり…。楽しく充実した1年を過ごしていたと思います。

残念ながら、ライブはタイミングが合わず(全国ツアーは既に終わっていたのか、アリーナツアーは西日本の田舎には来なかったのか、とにかく15歳の貧乏学生には遠征する術はなかった)1度も行けなかったです。

 

〜沈黙の衝撃とソロでの決定打〜

思えば、インターネットも普及しておらず、携帯もまだPHS。情報の少ない時代に私がどうやってaccessの沈黙を知ったのか、それも記憶にありません。

テレビで見たのか、友人に聞いたのか、ファンクラブ会報で知ったのか…。

衝撃と絶望を分かち合える友人がいたのは幸いでしたし、まだ当初は「解散じゃないし、復活に希望を持とう」と思っていました。

accessファンクラブは自動的に浅倉大介ファンクラブになったのでそのまま継続。

ヒロのファンクラブに入ったかどうかも良く覚えていません。

大ちゃんソロが地元に来る事になり、念願だったライブへ行く事になりました。ヒロが隣にいないのは悲しかったですが…。

 

そのライブで、事件が起きました。

大ちゃんがクラスタ達に紹介したのは…

後のTMR西川貴教君でした。

まだ沈黙の傷もズタボロで全く癒えていなかった時期です。

会場がザワザワと騒然としていたのを覚えています。泣いていた子もいたかもしれません。怒りを露わにしていた人もいたと思います。※1

(access初期から追いかけていて、ヒロを最初に紹介したライブの事を知っているようなファンもいたかもしれません。その映像を私が見たのはつい最近ですが。もしそれを知っていてこの光景を見た人がいたなら…と思うと。その衝撃は…想像するのも辛いです。)

 

私は、怒りよりも、その場所に居るのはもうヒロじゃないんだなと…その事実だけが重く重くのしかかり、ただただ哀しくて、辛かったです。

この気持ちも鮮明に覚えています…。

 

更にヒロのソロを見れば、access時代からは想像も出来なかったジャマイカン※2な出で立ちと、ジャニーズのような歌…。方向性が全く違う。ヒロはこういう事をやりたかったのか…と。

 

もう、この先2人の道が再び交わる事は、永遠にないんだなと。

 

そこで、ぷつり切れてしまいました。

徐々に気持ちが離れたというのではなく、完全に自ら断絶した感じです。

嬉しかった事、悲しかった事、記憶も思い出も全て、胸の奥深く深くに埋めてしまいました。※3

 

この記憶は、この先何度かヒロやaccessをTVで見かける機会があっても、2度と掘り起こされる事はなかったです。

それ程決定的な、断絶でした。

 

⑵へ続きます。

 

 

※1…西川くん自身も怒り狂ったaccessファンからの嫌がらせがトラウマになっていたと知ったのは最近の事です。

※2…あのジャマイカ時代の写真は今でもあまり見たくないです。かっこいいと思うけど何だか複雑な気持ちが込み上げます。

※3…沢山持っていたCDやビデオやグッズをどうしたのか…処分したのか実家の何処かに眠っているのか…それも全く思い出せません。